読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの気持ち

同担拒否、一人行動というスタンスに落ち着いた女のブログ

推しから距離を置くことに決めました

こんばんは。

自分にとっても衝撃的なタイトルです。

正直言って、まさかこんなことを書くなんて他人事のようで本当に現実なのか信じたくないです…。

しかし、自分の気持ちにきちんと目を向けたとき、推しから距離を置くのが一番の心の安定だと気づきました。推しにガチ恋してたときもあったので「距離を置く」という表現がしっくりきます。


ファンを辞めると表現しないことがポイントだったりします。

ちょっとお休みしたいと思っているのです。

私は、推しの全てが好きなわけではありません。実生活で知り合ってもたぶん話が合わない。

それでも外見がドストライクなので、外見から入り、内面もどんどん好きになっていきました。

外見も内面も素晴らしい俳優さんはたくさんいらっしゃると思います。

そんななかで私が推しを選んだ理由は、推しの表現するものが好きだったからです。


実は、一時期、推しを離れて別の俳優さんにハマりかけたこともあります。それも半年間で終わりましたが。

その時期は推しの仕事が迷走していました(2.5次元出身俳優あるある)

推しの言っていたことが正しいのなら、その仕事はきっと本人の望むものではないだろうと。

人間、心のうちは何を考えているかわからない。推しだってその時で考えも変わる。何よりも仕事なわけだから手を抜いてません。

でも、ファンは推しが発信した気持ちだけが全てでそれを解釈して応援していくので、推しの気持ちと行動の間に違いが生じると違和感でいっぱいなのです。

前、こんなふうに言ってたけど考え変わったの…?事務所の方針…?とあれこれ考えて疲れます。

疲れはてても半年間で戻ってこれたのは、結局どんな仕事でも推しは一生懸命で。ねじ曲がった私も納得させるような素晴らしいものを見せてくれたからです。


でも、私が今、推しから距離を置きたいと思うのは

一時期迷走していた時期よりはましでも、推しの方向性に疑問があること。その仕事にお金を落とす気力がないこと。

そして、一番の理由が、推しが発信していた気持ちが全て嘘だと思ってしまうようなことがあったからです。

他のファンの人達からしたら大したことじゃない。私にとっては大ダメージなことが起きて。


嫌いになってない。

むしろまだまだ好き。


ぐるぐると思い悩むうちに推しに会うことが憂鬱になりました。憂鬱は言い過ぎかもしれない。でも、一度、チケットがありわざわざ遠征したのに現場に行かなかったことがあって…。(逆に普段は駅と現場の往復でバタバタだったのでゆっくり買い物もできて有意義な一日でした)


完全に一人行動をするようになったことは関係ない。推しだけを見ていればいいんだ!と自分のスタンスに誇りを思えたから。

だけども最近は、推しに会うのがあまり楽しみじゃないのに高い金出して、同担は鬱陶しい、推しにはモヤモヤで私なんでこんな苦行してるんだーーと笑えてきたのです。

そして、推しの次の仕事が決まりチケット争奪戦が始まったのに一切参戦しなかった。

本当は気になります。しかし、気乗りじゃないしいいやと思えた。


すると、チケット代でお金がなくならないので、この諭吉で今まで我慢してたあれやこれも買えたり貯金もできるんだと目をそらしていた事実に気づいたのです。


現場に行く度に新調していた洋服を買うペースも減ると思うと肩の力が抜けたり。

現場があるから金欠でも服を買い美容院へ行き、高いチケットも交通費も、お休みしたら払わなくていいんだ。

無理してまで会いに行く価値がそこにはあったからできた。

でも、今の私にはできない。

私って今まで無理してたんだ…とちょっと自分に優しくしようと決めました。



私のプライベートなことは書かなくてもいいやと考えることもありましたが、私は一応結婚していまして。ガチ恋していた自分でも信じられないしこんな私を知っていた周囲もびっくりなんだけど。


部屋に飾っていた今まで集めた推しに関する雑誌やグッズを段ボールに詰めてクローゼットに隠す私の状況を見た主人は「寂しそうだね」と言っていました。

確かになんでこんなことしてるんだろって悲しくて寂しくて。推しのことが好きなのにこんなふうにさせた推しを恨む気持ちもあり、そんな自分が一番いやであり。

作業を終えた今、距離を置くのが心の安定になってます。


もちろん、推しの情報は毎日チェックしています。今は、これから先、チケットが必要な現場は考えて行くようにします。(チケット6現場分あるのでそれらは行く)

推しとは全く関係ない話

はてなブログ若手俳優のグループからはじめて閲覧されてる方にはどーでもいい話だと思いますので、クリックされなくていいですよ~。








※関係ない話、とタイトルをつけておきながら読み返したらかなり推しに触れてました(笑)





私自身、軽い気持ちで書いた「仕事ってどこからやってくるんだろう?」という記事が閲覧数1位で驚いてます。

なんか、軽い気持ちで書いたのに…読んでもらってごめんなさいという気持ちでいっぱいです。


他の記事に関しても私の書いていることが不快な方もいらっしゃるかもしれません。

でも、拡散よろしく!のようなTwitterで書いてるわけではありませんし、自分を特定できるようなことも書いていないので私なりに気をつけてるつもりです。

誰かの目につくネットに想いを綴っている以上、言い逃れはできませんが…。

はてなブログは、アクセス解析が数字しか出ないので、いったい皆さんはどこから検索して見られてるのだろうと不安になる時があります。


数名の方が読者になってくださってたり、記事にスターをつけてくださるのでとても励みになっています。この場を借りてありがとうございます。

私は、推しを追っかけてこじらせすぎたので、他の俳優を追っかけてる方とも無理な交流はしないつもりです。なので、コメント欄も作ってません。

私の知らないところで、見てくださってる方がいるのかなと支えにしつつ、細々とこれからも更新していきます。



このブログは、推しに関してもほとんど触れないし、誰かがあーだこーだ予想してもなかなか当たらない人物だと思います。

だからこそ、まだ芸能界で頑張ってくれてる推しに感謝してます。


私が笑顔になるのも涙を流したのも、ここ何年もの間は推しのことでたくさんでした。

ファンになりたての、あの、ただ会うだけで嬉しかった自分に戻りたい…と何度考えたでしょうか。

それがいつからか他のファンの方達と交流するようになると嫉妬したり

ちょっとでもいい思いをしたり、最前列に入ってしまうと、その時の喜びが忘れられなくて、そればかり求めてしまう自分が嫌になったり。

最近はそんな自分をコントロールできるようになってきましたが、なかなか難しいです。


もちろん、推しの仕事の内容や運営、スタッフの対応に関して首をかしげることもあります。

それでも離れられないのはある意味、推しを崇拝してしまってるのではないかと思います(笑)

自分の出せる範囲のお金や予定で追っかけてるので、自制はしてるつもりですが…。

自分のプライベートの割合が大きくなったり、もしかしたら推しが芸能界からいなくなったり、絶望するようなことをしたり、これから先何があるかわかりません。


今、思い悩んでる自分も、数年後の私から見たら案外幸せ者だったりするかもしれません。そう思うので、前を向いて、今を見つめたい。


細々と更新していきますと宣言しましたが、逃げるようにブログを削除する時が来るかもしれません。
その時は本当にごめんなさい。


楽しいことだけ考えたいのにな。

どうしてこの趣味は辛さも伴っているのだろう。
端から見たら滑稽だろうなぁ。

目が合った、合わなかったで悩む件

昔、まったくこの界隈に興味のない演劇好きな友人に「なかなか舞台でこっちを見てくれないんだよね~」と話したところ

「当たり前じゃん」とバッサリ切られました(笑)


今ならわかりますけど、演技の最中にファンを見つけて、目をじっと見つめるなんて、ちょっと役者として立場をわきまえてないんじゃない?という友人の意見でした。

なるほど~と腑に落ちましたし、ファンサありきの舞台なら全然いいんですけど、ストレートプレイの舞台で推し自身がそんなことをしたり、ファンが求めるのは、他の演者さんに失礼なことだなと思うようになりました。

そりゃ、何かしらイイコトが起きないか求めてしまうのがファンですよ。だって、高いお金出して観に来てるんだもの。

だけど、今、自分がどういうものを観に来ているのかきちんと理解しなければならないなぁと思います。

個人のイベントだったり、舞台挨拶だったり、2.5次元出身の方で歌手活動をされている方もいますよね。

そういった時にもらったファンサは素直に喜ぶべき。

でも、同担拒否で一人行動をしている人や嫉妬深い友人が近くにいる場合は、ひっそりと、お家で悶えるのが安心です。(SNSで自慢してる人なんて自己顕示欲の塊だし、そんなこと言っても人はやめないのだからこっちが見ないようにするのが一番!)


まぁ、何と言いますか。

ファンサなんてないだろうなぁという現場で、もちろん他の方目当ての人が周りにたくさんいて

そんななかで自分だけ推しから目を離さずにジッと見つめてたら、ふとした時に目があった!?となる時はあります。

そりゃ、こっちが目を見つめてたらいつかは合うかもしれませんよ。でも、演技の最中ならその瞬間に集中力切らしそうだし、できるだけこっちも気を使います。


ステージからライトもあるしそんなに見えてないはずだから気のせいかな、でも、前方に座ってるし周りの人達全く違う方向を向いてたし(←それが正しい場面)どうなの~誰か教えて!!と心の中で叫び、仮に目が合ってたとしても私変な顔がしてなかった!?とお家でも悩むんですけどね(笑)

結局は真相は推しにしかわからないし、推しはお家に帰ったらそんなこと忘れてるよなと自己解決してあっという間に次の現場の日がやってきます。


私自身、ステージ上から観客を見たことがありますが、前方数列なら結構一人一人の顔はわかりますが、もう5、6列目以降になると人の顔が後ろにも横にもずらっと並んでるだけなので、本当に見つけようとしないと無理ですね。それが演技の最中ならなおさら無理なんじゃないかなぁと思います。

※これは私一個人が感じたことなので、照明の様子や慣れている演者さんによって違うと思います。


やっぱり、黒い服より白い服のほうが目立つ。あと、結構、腕時計の文字盤が反射してピカッと光る時があります(これは不可抗力なので、しててもいいと思います)

目立ちたいばかりに奇抜な格好や髪飾りをつけるのは、あんまりなぁ。自分だけがいいならいいんじゃないんですか。



目が合った、合わなかった件で悩むのは私みたいな「顔は覚えられてるけど、名前と顔が一致しているかは不明」なファンだったり、ファンになりたての人が陥ることだと思います。

一人行動だったら、きっと合ってたはず~♪と呑気にいられるから楽。

仕事ってどこからやってくるんだろう

最近、本屋で元グラビアアイドルの暴露本なんたるものを立ち読みして、男性芸能人でも枕営業を持ちかけられるという事実にびっくりしました。

本を売るために嘘を書いてるのかもしれないけど、枕営業なんて知らなければ一生知らない単語だろうし、バレずにいるのはある意味、夢を見させてくれてるなぁさすが芸能人て感じです。

推しは仕事も減ってきてるような気がするんだけど(この現実結構やばい?)調べても出てこないということは、もしも枕営業てのが芸能人で当たり前にあったとしても、隠し通してくれてるのはありがたいです。そんなこと、していてほしくないけどね。

枕営業して仕事も増える人いるのかなぁ。わからない。


芸能界って自分が思ってるより綺麗な所じゃないんだなと大人になるにつれて気づく時もありますが、そんな世界で頑張ってくれてる推しはすごいなと思います。

数年前にキャーキャー言われてた2.5次元俳優が引退したりするニュースを見て、無性に昔に戻りたいなぁと思うときがあります。

でも、現実を受け止めて前を向いていかなきゃね。


私の好きな漫画に「トクサツガガガ」という漫画があるのですが、そこで、アイドルっていつの間にかいなくなっちゃうんだもの、というようなことが書いていて、今、推しが表舞台にいてくれることは奇跡のようなことだと突き付けられました。

表舞台から離れたら、手紙を渡すのもプレゼントも渡すのもストーカー行為になってしまう(笑)
気になるコーヒーショップの店員に、コーヒー◯◯杯買うんで握手してくださいとか言えないからなという例があってめっちゃ笑いました。

推しが当たり前にいてくれるこの幸せがずっと続いてほしいと思います。

良席、良番ください

良席が来ない~!!


こればかりは運だと思います。

私は今まで推しに100回以上会いに行ってますが、そのうちで最前列に入ったのは6回だけです。

その6回は全て運で手に入ったものです。
誰かとダブらせてたくさん発券したわけでもなく、一人で取った純粋なチケット。

並んだ順でも朝早くから並んだりしたことないので、大体5~6列目です。

ここで本気出せばいいんですけどね。前入りしてホテル前泊するお金があればチケット増やせると思ってしまうのです。


持論としては良席や良番が欲しいなら、その公演のチケットを買いまくることなんだろうなぁ。数打ちゃ当たる。

だけど、譲渡前提でチケットをダブらせることはしたくないです。推しを裏切ってるような気がするし、純粋に自分のチケット一枚だけ買っていた頃の自分に申し訳ないからやらない。お金がないってのもあるわ(笑)


あと、私が譲渡前提でチケットをダブらせることに嫌悪感を示す理由があります。

遠い遠い、若くて同担を疑うことなどない純粋だったころ。

とある友人に、チケット余ってるから、私が一人で当選してる分は支払わずに流して、一緒に行かないかと誘われたことがありました。

私は当時も一人で行くことが多かったので、並んで一緒に見れるんだ~楽しみにしてるね!と返信して、チケット代も事前に渡し、わくわくしながら当日現場に向かいました。


すると、当日渡されたチケットですが、友人はいつの間にか相方をつくっててその人と2枚で、前方の席。

私ははるか後方のチケットを渡され、しかも隣にはネットで譲渡したという見ず知らずの方がいてその方と一緒に並んで見ることになりました。

つまり、友人は相方をつくってて、お互いが2枚チケットを当選したからとりあえず発券して、悪い方を私に流したってことですね。

今思えば、私がメールで「席どこらへん?」と聞いても濁されて教えてくれませんでした。

私は自分が何をされたのか理解ができなくて、何も文句を言いませんでした。でも、なんかおかしくないか?と時間がたってから気づきました。

その友人は、それからも普通に話しかけてきたので、悪気があったのかはわかりません。

でも、それから私はチケットに関しては自分しか信用しないことに決めました。

もっとひどい目に遭ったことのある人もいるだろうけど、これが私が同担拒否になる始まりでもありました。

だから、チケットをダブらせて譲渡することは反対はしないけど、周りに迷惑かけるなと言いたい。

この話は終わり。


話は変わりますが、運で最前が来たときの高揚感はなにものにも変えられないです。

6回のうち、4回は最高の思い出が残ってます。一度私をロックオン(笑)してファンサされたことがあり、その思い出だけで生きていけてます。罪な推しめ。

2回は、真後ろのファンが馬鹿みたいにマナー悪くて、それを注意しない推しにもやもやしたからです。そいつらはもう見かけないし過去のことだからどうでもいい。


同じお金出してるのに最前なだけで景色も思い出も変わってくるのだから、はよ良席来い!!と願ってます。

そろそろ運は巡ってくるはず~。

認知について

一度、「新規と古参について」というテーマで下書きまでいったんですけど、書いていくうちに私は触れない方がいい話題だな…と思いました。

結論としては、新規でも古参でもマナーの良いファンであればファン歴なんて気にしないわって感じです。古参でも鼻につくこともあるし、新規ならではのキャピキャピした感じも微笑ましい程度であれば別に。私自身も行動には気をつけていこうと思います。


さて、「認知について」ですが、相手と距離の近い若手俳優界隈だとどうしても考えてしまうことだと思います。

自分のことを知ってほしかったり、すでに知られていたり、遠くから見ているだけでいい、という様々な考えがあると思います。


ちなみに、私は「推しに顔は覚えられているけれど、名前と顔が一致しているのかは不明」という状況です。


別ジャンルの友人にも言われますが、さすがに長くおっかけているので、よく見る顔だと思われていると自負しています。

でも、おそらく、推しは私の名前は知りません。

ファンレターはほぼ毎度現場に行く度に渡しますが、自分の写真を入れるわけでもないし。よっぽど勘がよくないと、手紙の内容と現場での私の反応は一致しないと思うので、たぶん、よくファンレターをくれるこの名前の人=私というのはわかっていないと思います。


だから、名前と顔が一致している人ってどうやってそうなれたんだろうと考えます。本気で知りたい。


手っ取り早いのは、接触したときに名乗ることだと思います。根気よく名乗り続ければ、覚えてくれるはず。

私がそれをできないのは、推しを目の前にすると上手く喋れないというのがあるからです。話せるだけで精一杯。だから、自ら名乗れる人はすごいなぁと思うし、それで私よりも後から応援してる人の方が推しと仲良しなのを現場で見ても文句は言えません。

まぁ、覚えてもらったというのをわざわざ同担に言う人は癇に障りますよね。あと、接触のときに名乗り続けて覚えてもらうということは、他のファンにも会話は聞こえているから自分の名前を知れてしまう危険性もあるからね。それで、痛い行動したら一気に名前が広がり、垢も特定されちゃうよ。


推しから名前を聞かれたりしたら夢のようだけど、聞かれたからどうなるのかなぁって感じです。

顔と名前が一致していない状況でも、前の方にいればファンサはくれるし。今のままで充分です。明らかにマナー違反はせず、身なりにも気をつけていれば、誰だって長く応援していればもらえるものだと思います。それにファンサがほしくて応援してるわけじゃないしね。


もうオキニになろうとか、なるにはどうすればとかいう考えはなくなりました。なれるものなら、もうなってるから無理なんだわと諦めた。仲良しのファンはいてもオキニは作らない推しだってのもわかったから。

だから、あの人オキニでしょ!?とわーわー騒がれる人がいても、私からしたら私が最前にいたときも普通に推しにされたことだし、その人がオキニだとかはいつのまにか消えている話題です。騒がれた理由は、その子がわざわざ、こんなことがあった嬉しいうふふとツイで呟くからですね。私は推しにもらったファンサは大切な思い出なので、あまり公言しないかな。叩かれる人は、自慢したい気持ちが透けて見える。一体、誰にすごいねいいなと言われたいんでしょうね。それが、あなたがすごい人ということになるわけではないのに。



現状維持を希望するけど、進展するならしてほしいし、流れに身を任せようと思います。

このように自分と推しだけの関係だけを考え続けるのは、気力も体力も必要です。一人行動も同担拒否なのもメリットもデメリットもあるし、正しいのかはわからないけど、私の好きなようにするのが一番。だって、お金も時間もかけてるのに苦痛を伴う趣味なんて嫌だから。思い出は自分の心のなかで守るし、推しと私の関係も誰も口出しできないこと。

もしも推しから離れるときが来ても、今までの思い出をありがとうと感謝したい。

広告を非表示にする

進め、たまに逃げても、ぼっちの道を

ぼっちにとって、知り合いが全く来ないとわかってる現場って超気楽~!

記事のタイトルは、大好きなドラマ逃げ恥のOPからもじったもの。未だに逃げ恥ロスです。


さて、推しに会いにいってるはずなのに、同担との交流もあるこの界隈。ぼっちの道を進む私には肩身が狭い。

会場でよく見かける同担はいますが、気にしなければ大丈夫。

下手に人脈を広げると(謎の)挨拶周りとかあるけど、あれなんだろうね。


「せめて挨拶だけでもしに行ってもいいですか?」て言われるけどさ…。


社交的な自分をアピールしてるのだろうか。

昔の私だったら、わざわざありがたいなぁと思ってました。

でも、同担の嫌な部分を見てきたり、何人かと友やめをしてきたので、その挨拶だけという会話だけでも避けたいのが本音です。


はっきり言って、挨拶程度で済まされる仲。(本当に仲良かったら、会場入り前にご飯を食べたり待ち合わせする)

挨拶して、次はどこの現場に行くとか喋って、特に生産性はありません。

しかも、もれなく全く話したこともない同担がその子の相方で横にいたりして、嫌でも知り合いが増えてゆく。

そっからの、次の現場で会釈をしなければならなかったり、「あっ、この前喋った人、私よりも前の席にいる…」とかってやきもちやいてしまう負のループ。

たとえいい人だったとしても、推しが絡むと、そうはいかない。どちらかだけが推しからのファンサを受けて良い思いをすれば、されなかった片方は複雑な気持ちになる。

なんで、推しに会いに来てるのに他のファンばかり目に入ってくるんだーと辛く苦しい気持ちになっている自分に気づいたとき、私って根っからの同担拒否なんだなと思いました。

そして、(他にも要因はありますが)もうこんな気持ちにはなりたくない!と決意し、ぼっちの道を進むことに決めました。寂しさもあるし、一人だと一人で、集団に負けそうになることもありますが、楽にはなりました。

推しにも会いに来て、仲良しの同担にも会いに来て、その雰囲気を楽しんでる人達はとても恵まれていると思います。それに同担のなかで本当の親友ができるかもしれません。私も昔はそうでした。

推し自身もファン同士が仲良くしてくれたらいいなと思ってるかもしれない。

それでも、やっぱり私は、ぼっちの道を進みます。

ぼっちだったら、好きなときに好きなだけ現場に入れるし、わざわざ予定を合わせたりしなくていいし、チケットトラブルにも巻き込まれない。余計な情報はいれなくて済むし、推しの噂にも振り回されることがない。


ぼっちでいることが、私なりの楽しみかたなのです。


これまで仲良くしてきた同担は、良いところも悪いところもありました。むしろ良いところのほうが多かったです。でも、関係が長く続いていくと、なぁなぁになる部分もあります。それが私のプライベートなことならまだしも、推しが絡んでくるとそうはいかない。

未だに根に持っていることもありますが、楽しい時間もあったので、その点に関しては感謝しかありません。

逆に、同担が大嫌いになったのは、集団で悪口を言われたり(幸い、いつも私を標的にしてるわけではなく、たまたまそばにいて、思ったことを口にされただけ)

誰か他の子の悪口を言ってるのを聞いたり、友達だからって割り込みをさせたり、マジでこいつら集団だから強気だな一人だと何もできないくせにと思ったから。しかも、それが特定のグループだけでなく、ちらほらといくつもある。

そういう人らのなかに綺麗な人や可愛い人はいないけどね。推しはあのファンらがこんなことをする人達だって知らないだろうし、教えようとも思いません。とりあえず、動員にはなるし、金は落としてくれるから。


推しの現場へ行く=嫌な思いをする、という時期もあり、逃げそうになったときもありましたが、同担が理由で推しに会えないなんて悔しいので、負けない!という気持ちが勝ちました。

推しにとってはただ一人のファンにすぎないけど、あなたの頑張ってる姿に元気をもらえるし、これからもできるかぎりおっかけていこうと思います。